居酒屋でのメニュー作りの苦労

居酒屋でのメニュー作りの苦労

無難な味のするものがあります。メニューを見ても良くわからず、とくに美味しいということもなく、また、つい驚いてしまうほど美味しくないということもなく、ごく普通に無難な味というものがほとんどで、多くの人は、もう一度注文したいかと聞かれると、ほとんどの場合は、意見がわかれるようです。

 

お客さんの好みにもよりますが、しかし、それだけ新メニューの開発は難しいものであるようです。好きな料理として上位にランクインしているメニューは、ほとんどがコンビニでも買えそうなものばかりということで、新しいメニューを開発しても、悲しい現実を見ることになるお店が多いようです。

 

輸入品の冷凍の肉でも、備長炭を使った焼き鳥というだけで、人気が出るとのことです。そもそも、この備長炭とランク下と言われるナラ長炭は焼いた時に肉の味には違いほとんどないそうです。さらに、ここ数年はデザート系のメニューを追加するお店が増えています。

 

おつまみを食べているおじさん達をしり目に、女性はアイスクリームやケーキなどを食べます。サワーを一緒にデザートを食べたりもして、友人の誕生日会に居酒屋で行うというのもかなり良いようです。さすがに、ケーキは持ち込みは禁止ですが、デザートに立てても、おいでに残る誕生日会になりますね。