異なる客層の居酒屋

異なる客層の居酒屋

誰もが入りやすい雰囲気のあるお店というと和風居酒屋ですが、お店に置いてあるお酒の種類によって、客層も大きく変化しているとのことで、ある居酒屋では、学生さんが多い和風居酒屋があるものの、ある居酒屋では、逆に学生の姿はあまりなくてサラリーマンばかりいる和風居酒屋もあります。

 

口コミやランキングから好きなお店を検索することも出来て、「高田馬場 お好み焼き」 「 高田馬場 お好み焼き」で飲食店の検索ができます。料理の値段も少し高めに設定されていて、日本酒や焼酎の瓶がずらりと並んでいる所は、サラリーマンが多く、お通しの値段も高くなっています。

 

こういう風なお店に何も知らずに入った学生は、値段の高さに驚いてしまいますね。値段ももちろんですが、落ち着いた雰囲気に居心地の悪さも感じます。これは、値段を高くすることで、お客さんを選んでいるようです。

 

そして、その他の和風居酒屋との差別化を測っているということもあり、こういったお店は売り上げが落ちてくると、お通しの値段を下げ、宴会用の安いメニューを設けたりして、全体的に値段を見直したりしていて、厳しい状況を切りぬけてきているようです。